主婦の人がキャッシングを利用する場合、全く収入が無い人は消費者金融で借入は出来ません。
 よく主婦OK。と書かれた消費者金融の広告を見かけることもあると思いますが、あれはパート・アルバイトなどの収入がある人です。月々の収入があれば借入は出来ます。少なくても良いので毎月の収入が大事なのです。勿論、年収が低いと借入限度額も低くなりますが、門前払いは喰らいません。
 無職の主婦は、どうあってもちゃんとした所からお金を借りられないのかというと、そうではありません。
 主婦の強みはただの無職では無いということです。つまり本人は無職でも夫が働いていれば、銀行カードローンで借りることが出来ます。主婦キャッシングは、一般的な消費者金融だと夫に収入が有っても本人が無職だとNGになりますが、銀行カードローンなら本人無職でもOKな所があります。
 ただし、それほど多くはないのと、夫の収入を証明するだけではダメだと言われる事がほとんどです。夫の同意書が必要になるのです。
 夫婦で銀行カードローンを利用する場合、わざわざ借りにくい妻の名義で借りなくても、夫の名で借りれば早く済みます。それを妻名義で借りようとすると面倒臭いことをクリアしていかなければなりません。
 主婦キャッシングを利用しようとする人は、夫に内緒でお金を借りたいと思っている人達が多いので、この夫の同意書と言うのが大きな障壁となります。
 夫に内緒という条件が無いのなら、夫の同意書で銀行カードローンを利用すれば、金利も消費者金融に比べて低いし総量規制対象外になりますし使い勝手はかなり良いと思います。
 しかし、夫の了解を得て借金したのなら、それは主婦キャッシングというか主婦でも借りられるというカテゴリーには含まれないと思うのです。
 主婦がお金が必要となった時に、自分の判断で融資を申し込んで自分の責任で借入する。これでないと主婦でも借りられるとはいえません。
 そして現状、無職の主婦はお金を借りることに間して非常に厳しいです。思い余ってヤミ金に手を出す人もいるでしょうが、それだけは絶対にしてはいけません。ヤミ金に手を出す前にまず夫に相談しましょう。
 おそらく人に話せない事情もあるでしょうが、取り返しの付かなくなる前に手を打つ事です。